【2018年5月】神津島⑧ 〜天上山トレッキング前編〜


神津島三日目!

この日は島内最高峰を目指して天上山に登ります。
6時半ごろにキャンプ場を出発。登山口までは歩いて1時間ぐらい。

ずっといい天気だけどずっと風強い!

登山口の近くには冷風穴という岩穴がありました。
顔を突っ込んだところ、その名の通り確かに冷たい風が吹き抜けていて涼しい!けど蜘蛛の巣が顔にかかりました。
手を使いましょう。

登山口に到着。
二つある登山口のうち、こちらは黒島登山口。下山のときはもう一つの白島登山口を選びました。
ちなみに黒島登山口の方が勾配があるので、下りで膝とか心配な人は白島登山口で降りるのがいいでしょう。

ここまで登り坂が続いていたので既に眺めがいい!
登っている間もずっと展望はいいですよ。

登山道は整備されており、ほとんど階段です。

30分登り続けだいぶ高くなりました。
この時点で標高は450メートルぐらい?(山頂は572メートル)

ここからはあまりアップダウンはなく、樹林帯だったり岩っぽいとこを進んでいきます。
山頂は最後に行くことにしました。

まず着いたのは、千代(せんだい)池
池と名はついてますが涸れていました。

ところどころ生えている植物はふわっふわ。

岩っぽい道を進んでいきます。
山頂周辺はめっちゃ広く、山の上にいる感じがしない!

緑がなくなり急に現れたのは裏砂漠
アメリカ感というか異世界感がすごいです。

裏砂漠を抜けると、裏砂漠展望地があります。

手前の岩は、祇苗島(ただなえじま)という無人島。
奥には三宅島の島影が見えました。

さらに進むと再び展望地が現れます。

こちらは新東京百景に選ばれている眺めです。
さっきの裏砂漠展望地とは逆方向なので、神津島より北側の伊豆諸島が全部見えました。いい天気で良かった!

次に現れた不動池は、千代池と同じく涸れていました・・・。

真ん中のもっさりしたところには祠があり、クラカラの剣石の竜王が祀ってあると説明書がありました。祠の中は見ちゃダメだそうです・・・。気になる・・・。

不動池の近くにはトイレがあるので入ってみたところ、バイオトイレでした。
用を済ませたら、隣の自転車に乗ってペダルを回します。

特ににおいはなく、屋外のトイレにしては清潔でしたよ。

長くなりそうなので、山頂は次回!

コメントを残す