【2017年8月】中ノ島⑥ 〜また来るぞ!〜


無事島内一周を終え、観光協会にレンタサイクルを返却しました。

一周の所要時間は5時間でした。
帰りの船までは二時間弱あるので、適当に時間を潰すことに。

観光協会が入っているキンニャモニャセンターは、内装が木ばかりで落ち着きます。
ないものはない
いいキャッチフレーズですね。

船渡来流亭というレストランがあったので、腹は減っていないですが入ってみました。

中ノ島といえば、離島キッチン
離島キッチンといえば、イカ!
ということでイカめしを頼みました。
離島キッチン:全国の島の料理を楽しめる飲食店。東京には2店舗あります。

ちょいボリューム不足ですが、柔らかくてめっちゃうまい!

観光マップを見ると近くに海水浴場があったので歩いて行ってみました。

こちらの海水浴場「レインボービーチ」は2009年にオープン。
島内で一番広いビーチとのことです。
海水浴客はまばらでした。

レインボービーチの近くには、マリンポートホテル海士という中ノ島最大のホテルがあります。
なんと天然温泉もあるんだとか!

といっても海にも温泉にも入る時間はなく、港へ戻る。

島じゃ常識商店というお土産屋さんへ。

干し芋(島ではかんぺと言うそうです)とさざえカレーを購入。
干し芋はすぐ母親と美味しく食べたのですが、そういえばさざえカレー食べてないな・・・。

てことで、フナムシの登場により一泊二日となった弾丸島旅が終了。

隠岐諸島の4つある島のうち島後は行ったことがないので分かりませんが、西ノ島と知夫里島と比べると、この中ノ島は正直地味かもしれません。一泊二日に無理やり詰め込んだので、この島の良さが分かる前に終わってしまったような感じです。

全国の離島の中でも移住者が多い島なので、再訪してもっと魅力を探したいですね。
次は短くても二泊だな!

コメントを残す